赤ちゃん、子供のトイレサポートにカイテキオリゴ、良かったです!

包み隠さずに言うと自分の家の子供は赤ちゃんのときから便秘の気配があるデイリーが継続していました。 一番上の娘はそんな事なかったので、ウンチが辛い息子を見て心から行き詰って1年経過。診療所にも行ったし食べ物でもさまざまチャレンジしてみるけどこれくらいの年齢の子供はいやいや期で思い通りにに行きませんよね・・・(^-^;

それに元来野菜はいまいち不得意で意欲的には食べない子供なので手探りの状態。 そのような状況の中、情報を求めて検索していたらはからずも子供にも使えるという「カイテキオリゴ」という商品を見つけた次第です。レビューがよく、いち早く購入し20日ほど試したので、遠慮なしの使用感・クチコミをみんなに案内していきます♪

2歳の子供の便がスルッと変化!固い便がソフトになった

カイテキオリゴが自宅に到着しました!インターネットからオーダーして3日目には到着したかな、スピーディーです。 ササッと収納パッケージに記載の 原料名に目をやってみると、ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖、ショ糖と何種類もの糖があれこれと構成されていたのがわかりました! これにはしっかりと意味があって、多岐にわたるオリゴ糖を一緒にすることで、人間の身体全体にある数種類の善玉菌を隅々までフォローする効能が短期の間で確保できるんだとか。  上場企業の期待されている商品だし、証拠もありますので、これなら長男の便秘ストップにも胸がときめきます!

見た目は無味無臭!子供や赤ちゃんでも問題なし

カイテキオリゴっていわばサラサラの海辺の砂みたいです。細かい砂糖のパウダーという状態。 少しだけ甘くて薬っぽくありませんでしたし、味に感受性が強い幼児、小学生には安心できると思います。完全に無味無臭ですよ! これを朝のヨーグルトに混ぜるものよし、おやつのジュースや牛乳に混ぜるもよしです。 私は朝の野菜ジュースに混ぜて飲んでもらいました。気づかない状態でグイっといってもらうプランです!

カイテキオリゴ リアルに飲用させた成果はどうだった?

今回、長男に子供用のカイテキオリゴを飲ませた効き目ではありますが、結論から言えば飲ませてからたった2日後にはソフトな便として姿を見せたんです!!!
思いも寄らずつるっと出たのでまるっきりつらさはなく、ママ助かりました!

かつ次の日にもウンチが現れてびっくり仰天!
それだけでなくなお一層軟便になっていたためびっくりのスピードでうんちタイムが完了したんです。

このまま2日に1回並みの回数で飲用させてきたのですが、ブレーキを掛けることなくスイスイとウンチが出る生活リズム。
便が前と同様に固くないからこそ、一回も泣かずにお手洗いタイムを済ますことができます。

ここ2~3か月は、とにかく頑強な便だったのでいつものように涙をこぼしていた私どもの子。
そういった風になって泣かずにウンチが出せるなど、ママとしても喜ばしいこの上ないです。

実は知らない人多し?赤ちゃん、子供でも便秘になるわけとは?

まずは小さい幼児、赤ちゃんの場合について

まず、おっぱいの量が乳飲み子が希望している量を下回っている場合、便秘になる誘因となります。母乳を飲む量が不足している=赤ちゃんの身体内の水分量が不足している、となりますよね?
こうなると、うんちに含まれる水分も失われていき、かたくなり便秘になりがちです。

そして母乳の質がダウンしている(どろどろっぽい感じ)際は、赤ちゃんが潜在意識で飲まなくなることになると言われているようです。こうすれば水分の摂取量が下降して、便秘ぎみになっていく。。。と言ってもいいと思います。

ミルクを卒業した後、離乳食に手を着けると、今度はフードスタイルの違いが理由でこれまでお乳やミルクでゲットできていたオリゴ糖が低減して、緩やかに善玉菌が増加し始め、悪玉菌に代表されるそれ以外の菌がたくさんできていきます。

これが通便を阻害してしまうんです!

幼児や小学生はストレスも便秘の要素に!

今日この頃、小学生くらいのこどもにも便秘が勃発するのようになりきました。なぜそうなるのかと言えばうんと簡単。おとなと同じように、さしあたっていつものエクササイズが不足していることや、野菜を食べない食事のメニューでの食物繊維の不足などが見られます。 さらに子供は大したことのないイライラさえも、便秘に陥ってしまうというのがあると言えます。子供に対して何だかんだと説教を垂れてしまうと、ストレスが続き自律神経に影響をもたらして、腸の機能が損なわれるのです。 子供はささやかな状況にも動じやすいので、なるべくストレスを与えないように気をつけましょう。

「おこさま用カイテキオリゴ」は何が良いの?

いろんなビフィズス菌と相性がいいオリゴ糖を配合

人のカラダ中にはいっぱいのビフィズス菌がいるのですが、それらの色々なビフィズス菌それぞれでオリゴ糖との相性が見られるのです。 だけれども、リアル社会で出回っているオリゴ糖食品はたったの1種類のオリゴ糖だけを活用して作られていることが大半。すなわち、ひとつひとつのビフィズス菌が求めているオリゴ糖の供与が全く十分でないことになっているんです。 それに対し、 「おこさま用カイテキオリゴ」はカラダの中にある色々なビフィズス菌各々の相性と相談しながら、様々な種類のオリゴ糖が加わっているため、いろんなところでカバーでき、赤ちゃんでもカンタンに快便が期待できるように作り上げてあるんですね!

幼児の体内環境にマッチしたオリゴ糖を配合

大人と子供を対比した場合、ビックリすると思いますが体の中にたくさんの種類があるビフィズス菌の生息の割合に違いがあります。これをベースとして、「おこさま用カイテキオリゴ」は赤ちゃんから小学生の子供の体内環境にピッタリなオリゴ糖の配合割り合いにしているんですね! 分かりやすくいうと下に挙げる2つのオリゴ糖が多目にブレンドされているんです。

ガラクトオリゴ糖は母乳にも含有されているオリゴ糖で、我が国の各製造会社の粉ミルクにもしっかり混ぜられているんです。赤ちゃんの健康をこれで維持管理しているないと困る因子。子供の体中にたくさんあるビフィズス菌のエサに繋がるという究明データも存在します。